Archive for 5月, 2004

道路標識占い

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

これも下に同じ。
僕の標識は…


ソウルカラー占い

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Nyoronline-blog
また占いというか診断系を誘われたわけではないのにやってみた。
あなたのシンキングカラーは、バイオレットです。
あなたのスリーピングカラーは、バイオレットです。
あなたのムービングカラーは、バイオレットです。
紫ずくしだねぇ、僕…

(continue reading…)


生きる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

僕は、何故生きているのか、と問われれば、今は『死ぬため』と答える。

(continue reading…)


世の理

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

恐れるなよ。
恐れれば、とてつもない早さで迫り来る。
恐れなければ、きっと、ゆるやかに見守りつつ、機を見計らい、会いに来る。

(continue reading…)


何度やったって

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

人の死は慣れるモノじゃない。
例え自分に直接の関わりが無かろうと、近しい者の関わりある人間が亡くなったならば、悲しいことだ。
もう何度も何度も、通夜にも告別式にも参列したことがあるけれど、慣れるもんじゃない。
亡くなる瞬間を見ることなんて滅多にないけれど、それはもうまるで絶望の淵にいるようだ。
訃報を受けるだけで、こんなにも泣きたくなってしまうのは、弱い証拠でしょうか。
自分の死をイメージすることは何一つ怖くないのに、他人が死ぬことはなんでこんなに恐ろしいんだろう。
いつまでも泣いていると馬鹿にされてとてもツラを見せられたもんじゃないけれど、きっと寝る前は泣いてしまうんだろうなぁ。
命が永遠に続くなんてまるで拷問だけれど、僕が生きている間には、僕に近しい者に死が訪れないで欲しい。
まるで赤子のような駄々だけれど、でも、悲しいことは避けて通りたいよ。

(continue reading…)


疑獄

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

どういう意味か知らなかったので調べてみた。
ぎごく 0 【疑獄】
(1)政治にからむ大規模な贈収賄の事件。
「造船―」
(2)〔礼記(王制)〕犯罪の疑いで審理中の難事件。
疑いまくりな状態のことかと思っていたけれど違うらしい。
その意味だったら、今の状態にぴったりだ、と思っていたのだが、違ってしまった。
次のエントリーのタイトルで使おうと思っていたんだけれどな。
というわけで、疑いまくりな状態なわけです。


視覚素子は笑う

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Catcher in the Rye
このソフトについて
 視覚デバイス(USBカメラなど)をリアルタイムでハッキングし、おなじみの笑い男マークを表示します。 顔の肌色領域を自動抽出して顔の部分にマークを表示します。肌色に近い暖色系の色の服を着てますとそれに引き付けられて表示位置がズレます。ここはやっぱり青いコートでw 単なるジョークソフトなので表示してスクリーンショットを撮るなり適当に遊んでください。
———————–
面白すぎます。ついついやっちゃったよ。
laugh_me.JPG


自然に関する考察(その1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

『わたしは恥ずかしげもなく「地球のために」と言う人間がきらいだ…なぜなら地球ははじめから泣きも笑いもしないからな』
ミギー(寄生獣)
岩明均の寄生獣より抜粋したセリフ。
主人公、泉シンイチの右腕を乗っ取り寄生したミギーという寄生生物が発したモノだ。
寄生生物がこういうセリフを発するということが、もう皮肉というかなんというか。
そういう切り口がこの漫画は大好きだ。
とりあえず漫画のことはおいておいて。
自然とは一体なんだ??ということだ。

(continue reading…)


Greeに欲しい機能

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

のことを書く前に。
あなたは自分の、もしくは誰かのWebサイトに顔写真を載せますか??
大抵のヒトはNoなんじゃないでしょうか。記念写真とかならいいけど、個人の写真ってねぇ。
あなたは自分の、もしくは誰かのWebサイトに自分のプロフィールをどこまで載せますか??
これはヒトによって変わってくるでしょうな。
僕はどっかしらから、誰かしらから伝わるだろうことは、予め自分から全部公開することにしてます。
だって、後から誰それから流れた、とかだったらちょっとくやしいから。
で、機能要求とは。

(continue reading…)


殺したいほどの想い

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

ヒトを愛している気持ちがそれほどまでに強い、というのは、よくある愛憎劇としてB級昼ドラに出てきたりする。
最も、最近はニュースでそれと変わらないような事件も起こったりするのだから分からないものだ。
この想いは決して愛する気持ちのみではないだろう。
殺したいほど憎いという気持ちも存在する。
モノの例えに貧そうな僕にとってこれ以外の例は出てこないが、
こうした気持ちを抱えてしまったならば、それは大変なモノだろう。
何か代わりに押さえられるモノがあるうちならまだしも。
一つの簡単な解決法は、その気持ちの矛先を本当に殺してしまうことだ。
が、もっと簡単な方法としては、自分が死んでしまうということだ。

(continue reading…)


  • 慎悟@Twitter

    Follow @sh_yamada (724 followers)
  • カレンダー

    2004年5月
    « 4月   6月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Copyright © 1996-2010 S-log. All rights reserved.
    iDream theme by Templates Next | Powered by WordPress