このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

ITmedia +D モバイル:「0円大好きのソフトバンク、端末の持ち帰りは全て0円」──孫正義社長
これってでもスーパーボーナスに加入しなきゃいけなくって、
スーパーボーナスって車でいうONIXみたいな支払いで、
まぁ、要するに月賦で分割払いしていく(が同額程度割引で相殺される)。
でも、一定期間内に機種変・端末紛失は、
残りの端末代を負担しなきゃいけなくなるんですよね。
とどのつまり、
「1円で端末買って、即解約→デジカメktkr」
というのを防ぐためでしょう。
どうも孫さんはこれを既存の携帯代がおかしくて、
こうすることで革新を起こした、的に言っているけれど、
そうは思えない。
既存キャリアは端末のイニシャル代である程度確保していて、
SBは今後、期間制限ということで陳腐化まで使わせ、
違反すれば罰金というかたちで確保しようとしているだけ。
要するに、『いつ』端末代を担保するか、
というタイミングだけであって、
特に本質的変化はないと思うのです。
予想外割引にしても、すべて0円、というわけではなく、
意外とその範疇から外れるところが大きく、
つまりは見せ方を工夫しているだけかな、と。
いや、別にSB嫌いってわけでもなんでもないんですけど。
てか、実際に僕の携帯、V改めSBだし…
とにかくそれよりもなによりも、
端末をキャリアから解放して欲しいのです。
端末とキャリアの密な結合を解いて、
SIMによる自由な旅ができてこそ、
初めてMNPの真の姿と思うのですがいかがでしょうか。

このブログで関連すると思われる他の投稿