Archive for 6月, 2007

やらなくて後悔する方がいい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

引きずって引きずって、いつもの堂々巡りなわけですが、
こう、思考の一端を文字にすることで、
王様の耳は的効果を得ている気もするので書いています。
自分はだいぶリアリストな側面が強い、
と感じている今日この頃ですが、
最近思ったことには、
まぁ、すべての物事ではないでしょうけど、
割と、「やって後悔する」より「やらなくて後悔する」
方がよいのではないか、と思っています。
特に自分自身に纏わることな気もしますが、
自分のことに強いPriorityを感じられないので、
稼働や時間を考えるならば、
同じダメならやらない方がましな気がします。
その物事がどれだけfeasibleかによっても変わるでしょうけど、
なるべくならば、動かず時間をかけずコストを使わずがいいですし、
やらない方がいいこと、って結構多いんじゃないでしょうか。
まぁ、どの程度のfeasibilityがthresholdになるのか、
それ自体が僕の中で不明確ですが、
相当程度面倒くさがりなので、
結構そのthresholdは高めになっていると思います。
そういう面からもリアリストとも言えるかもしれません。
時に、僅かばかり、夢というのを持っているのですが、
どうにもこうにもこのままではfeasibilityが低くって、
だけど高い方法というか手法が分かっている場合、
どうすればいいかといったら、
やっぱり今のままを捨てて、
その高い方法へ移るべきなんだろうと思いますが、
周りへの配慮のせいで移れない僕がいます。
それはそれで正しいっちゃ正しいかもですが。
でもそもそも配慮ってあんまり必要ないか、とも思います。
だって、別に今この瞬間、僕が消えても、
まぁ、もしかしたらtemporaryに悲しむとか、
困るとかそういうヒトが希少ながら存在しているかも、
ですが、しかし、きっとそのうちそんなモノは忘れるし、
長い目で見ればヒト一人分なんて、
余裕で社会的に補填されるほどの機能しかないわけです。
この社会は、コミュニティでもいいし、
会社でもいいし、なんでもそうなるんじゃなかろうかと思います。
別に『僕』が求められていることなんて特になくって、
『僕のできること』が求められていて、
それは別に主語が誰でもいい話なんですよね。
さぁ、本当に訳がわかりませんが、
こんなことを始終考えているようなヒトは、
きっと向いてないんだと思います。


メンタルコントロール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

どうもどろどろです。
Temporaryなモノならいいんですけど…
というかそうでなくては困りますが、
自分で自分のメンタルを、
きちんとコントロール出来なくては。
疲れてるわけでもないのに、
精神的にはぐったりきてる感じ。
もっとこう、いきいきとしたもんですが。


欲求不満?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

なんとなく、今の自分は欲求不満なのでは、と思う。
いまいちはっきりとしないけれども、
持ち分の中で、行き詰まりを予見してしまい、
もやもや、いらいら、そんなものが、
鬱々と績堆している気がしてならない中。
まぁ、前に進めなくてはならないのは確実で、
それをこれから正にやっていくわけですが。
さてはて。
この週末では、
『門』(≒アーチ)という言葉と、それに始まる、
『木工』『ペンキ』というすごくTypicalなモノに反応し、
いろいろやっていたわけです。
昔の僕を知っているヒトならば、
確実に琴線だろう、と思われるだろうと思いますが、
それだけではない気もします。
どうも、なんというか、
そういうTypicalなモノだけでなく、
何かしらで寄与したくって仕方ないのかも、と。
普段自分が全く自己実現というか、
そういうのを満たしきれていなくって、
それが故にそう、反発的になっているのかも、と。
うーん、なんかよくわかんないけど、
何しろヒトを喜ばせたり嬉しがらせたり、
プラス側へ動かすことにうずいているのかも。
いやはや…


いったいいつの教育を『再生』するの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

今日も今日とてTVタックルを眺めていて…
教育再生という論点があったけれど、
いったいいつの教育を『再生』させたいのだろう。
再生というからにはreferするモデルがあるはずで、
だとするならば、きっと今よりもずっとずっとよい時があって、
それをみんながよかったと思っているから、
再生させたい、という風になるはずだ。
というか、ならなくてはならないのでは。
給食費すら払わない馬鹿共の時の教育を再生するのか?
そうじゃないんでしょ?
一緒に、インターネットが危険でどうの、って話があったけど、
ならばメディアリテラシー教育を率先してやらなくてはならない。
危険だから取り上げるでは、
ヒトを刺す可能性があるから包丁は認可制、
ってのと同じは話だ。
で、そのメディアリテラシーなんかも考えたりしてみると、
はてさて旧来、すばらしいモデルがあったとして、
それに戻したところできっと現代にはそぐわないはずで、
ならばいっそ『新規作成』すべきなのでは、
と思った次第です。


いつものメソッド

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

ケイのたわごと: 駆け足

過度な友情は重荷。
裏切られたとき悲しくなるだけだから。
人と付き合うときは、適度に距離をおく。
自分も、他人も、傷付けないように。
それが私の自己防衛で、他人に対する思いやりでもある。

いたく共感したので、久しぶりにトラックバックなんかしてみる。
なるべくなら、密接な人間関係がない方がいろいろ楽なんですよね。
裏切られた、とかそういう人為的な災害にも見舞われないし、
不幸や某かの影響により、その関係を失う、ってことも、
そもそもない袖は振れぬで回避できるし。
さらにそのおかげで身軽になれるので、
まぁ、行動の選択肢に制約がかかりにくいですね。
信用するのは、まぁ、勝手だからいいとしても、
信頼すると、もっと現実的にリスクが高くなるので、
基本的にヒトのことを信用はしても信頼はしません。
自分で全部やりたい願望はそれ故ですね。
で、そんな僕の場合は「一人でいられない体質」ではなく、
一人で寂しいと思うことで安心するというのが平静です。
元来非常に寂しがりやなせいもあり。
なるべくなら安定した状態になりたいな、と思うと、
精神的には、楽しいことや哀しいことが何もなければよくって、
そのためには、先に書いたような要因を排除し、
個人的には全くひとりぼっちになるのがいい。
で、その結果、僕はとても寂しいわけだけど、
そうやって常にちょっとマイナスでいれば、
突発的なマイナスがやってきたときにも下落は少なく、
ショックが相対的に少なくなる、と。
このちょいマイナス安定状態が理想の状況な気がしています。
いままで異性を好きになったりした経験が少ないので、
なんともかんともだけれど、好きになるのって、
その寂しさの埋め合わせがモチベーションかも。
それって僕的理想の安定状態を崩しにかかるわけで、
そういう面でスロースタータなのかも。
でも、それがモチベーションってのは、
相手に対して失礼な気がしなくもない。
そうすると、ヒトを好きになったりとかなんて、
しちゃいけないような気もしてきます。
生きることの意味づけ論で言えば、
ハナから放棄してる気もするし、
ハナから決まっている気もしています。
結構キメの問題だけど、僕の場合割とこれはクリアかも。
ただ、生きる意味自体は生きるモチベーションにならないので、
そういう意味では、別にモチベーションを開拓する必要がありそうです。
引用元のケイが書き留めたといっていたの同様、
僕も支離滅裂に書き留めたにとどまるわけですが、
ちょうど昨日近しいことを考えていたので、
まぁ、僕もメモですね。


バイオエタノール

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

先のエントリーでちょっとふれたバイオ燃料。
バイオ燃料の原材料のため、
トウモロコシが大人気で、
大豆が不人気になって、
日本の豆腐がピンチ、
という特集があった。
北海道とかどでかい土地で、
大豆つくりまくるとか、
トウモロコシ作りまくって、
輸出してウハおkみたいにならんのかな、
と思いつつ。
とりあえず、バイオ燃料のギモンは、
環境負荷が低くなる、ようなことを言っているけど、
それってほんと?って話。
石油は、昔々から出来てきてるのを掘り起こして、
それを燃やして二酸化炭素を出すのに対し、
バイオ燃料は、二酸化炭素すった植物を燃やして、
二酸化炭素だすから、トータルプラスマイナスゼロ、
という話のようだけれど…
そのトウモロコシ作るために、
燃料使って重機動かして、森を開墾したりして、
トウモロコシ育てるのにまた重機使って…
そんなことになったら、
ほんとにプラスマイナスゼロなんですかね?
なーんか、にわかには信じがたいんですけど。
現実的には急激なシフトじゃなくて、
ロードバランスさせるようなカタチなんじゃないのかな。
でも、きっと、バイオ燃料になると、
従来までと燃料に対する金の流れが変わるから、
それを狙ってるヒトがたくさんいるんでしょうね。

1 Comment more...

ギモンいっぱい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

なーんか、まとめて書くほどでもないけど、
ってギモンがちらちら頭をよぎっている。
バイオ燃料ってほんとにいいの?とか、
年金問題ってほんとに解消するんかな?とか、
異常気象っていったりするけどそんなに異常?
とかとか…
なんかマスコミの報道を常に斜めで見てるなぁ。
覗き見するような感覚?
なかなかちゃんと書く、というほど気力が湧かず。
そんなことより、
いろいろしゃべっていたら、
もっといろいろ考えなくてはいけないことがある、
と再認識したので、そちらに目を向けなくてはならないのですが、
やはり水は低きに流れてしまうようです。


  • 慎悟@Twitter

    Follow @sh_yamada (719 followers)
  • カレンダー

    2007年6月
    « 5月   7月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Copyright © 1996-2010 S-log. All rights reserved.
    iDream theme by Templates Next | Powered by WordPress