このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

うちの環境では、もともとBBルータがいたため、
ずいぶん前にIP電話を使うことになった時、
VoIPアダプタというのでIP電話サービスを受けることにしました。

image
概要 | VoIPアダプタ

このアダプタくん、これまたずいぶんへっぽこさん。
困った点は主に下記の3つ。

1 UPnPセッションが突如ダウン。当然SIPもダウン。
以後、上位のルータをリブートするまで回復できず。
2 UNI側のDHCPがOFFにできない。
3 WAN側保守を許可にしても許可にならない。

1は相当やっかいです。
アダプタくんは特に警報とかあげてくれないし、
いつ切断されたのか、とか、全然わかりません。
しかも上位のリブートをしない限りダメというのが厳しい。
これは故障なのか相性なのか仕様なのかわかりません。

2と3は合わせ技で相当効いてきます。
3がなければ普通にメンテナンスできるのに…
3は許したとして、2がなければBack-To-Backでルータに接続しちゃおうと思うのに…
というわけでかなりうざい。

で。昨日。
また唐突に電話の発着ができなくなったので、
思い立って交換してもらうことにしました。
1だけでもとりあえずなんとかなってほしいので…

うちはISPがOCNなので、
とりあえずOCNの窓口へ電話しました。

で、それは東に電話して、ということで、
東のサポート窓口へ。

で、具体的なところはわからないから専門のところへ、ということで、
東の専門のところへ。

で、仕様をどうにかしてほしい、といったら、
そういう窓口は別にある、といわれたので、
東のそういう窓口へ…
電話するも通じない。

もう一度専門のところへ電話したら、
違う窓口を教えたとのことで、クレーム対応窓口と故障対応窓口を紹介。
ということで、まず故障対応窓口へ。
結局のところよくわからないけど、交換してくれ、とゴネて、
16時過ぎに故障手配を。
16時前ならば電話するとのこと。

で、クレーム対応窓口へ。
上記問題についてと、2と3はとにかく仕様を変えてほしい、と。

んで、14:30から外に出る予定だったので支度していたら…

ぴーんぽーん

「東日本の…」

やっぱり…

どうも窓口から連絡が行ってなかったみたいです。
うすうす予感していましたががっくり。
というわけで、担当者には悪いけど30分で作業を終えてもらう。

という感じ。
この電話のすべての窓口で、
先ほどの1から3までを親切丁寧に解説、
プラス自宅の環境について、ファームのバージョンについて、
等々出る出る同じ質問。
計3時間はゆうに電話してました。

あとあと調べてみたら、
NTT 西日本/東日本 VoIPアダプタ の検証
というのを発見。さすがです。

まぁ、とりあえず、電話かけてみてわかったのは、
普通だったら気力続かないわ、こりゃ。ってこと。
今回は最初にエラい気合いれてたのもあるし、
中的にどんなもんか知りたくてがんばったのですが、
こうたらい回しになると結構疲れますね…
しかもこれがさっぱり原因不明の状況だったりしたら…
うーん。なんか、こう、もっと楽にならないんでしょうか。

このブログで関連すると思われる他の投稿