Archive for 6月, 2008

夢現

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

ここ一ヶ月ほどのイベントを越えて、
どうも学生の時分のようなノリで仕事をしてきて、
いつしかまた悪い癖にはまっていた。
この現実って本当に現実なんだろうか。
夢と現実の境目ってどこだろう。
今僕のいるこの世界が僕の見る夢でない、
もしくは誰かの見ている夢ではない、
という保証はどこから得られるのだろうか。
楽しいと思える瞬間や健全と思える方向の疲労感に囲まれ、
きっと自分が好きなことができているのだと思い、
しかしそれが常になることはないのだろうと思うと、
仕事という枠組みではなくて、
自分の築く世界そのものがなんて狭いのだろう、
と考えてしまいます。
そんな不自由な狭い世界から抜け出して、
もっと本当に願いの叶うようなところへ脱出したい、
そういう世界に変化することを願うのですが、
そんなことは起こるはずもなく。
そうすると今度は今僕の認識するこの現実が、
実は夢であってくれたならば…
この現実がすべて嘘だったならば…
実は僕なんて存在しない、
そんな世界が僕の知らないところで、
ホンモノの世界として横たわっているのでは…
と思ってくるのです。

現実とは何か、と考える瞬間にだけ、人間の思考に現れる幻想だ。
普段はそんなものは存在しない。

そう犀川先生は仰っているわけですが、
現実はヒトの数だけ存在し、
僕の認知しない現実は今まさに無数にあり、
僕の生きる世界は、たゆたいし某かのSnapShotで、
そんなちっぽけなこの現実ならば、
廃棄してしまっても構わないのではないか、
とも思えてきます。
現実感がない訳じゃなくて、
僕の見る現実がホンモノではないのではという疑い、
もしくはそのような期待、
はたまた、取るに足らない些末なモノではという思索。
思えば子供の思考のまま大きくなってしまったモノです。


ケーブルテレビショー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

最近立て続けにイベントやってます。


  • 慎悟@Twitter

    Follow @sh_yamada (724 followers)
  • カレンダー

    2008年6月
    « 5月   7月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Copyright © 1996-2010 S-log. All rights reserved.
    iDream theme by Templates Next | Powered by WordPress