Archive for 2月, 2010

プラズマダイレクト

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

今日も今日とてBLENDへGo。
先日Upした、プラズマダイレクトの取付です。

初の点火系チューニング。
#というか手が出せなかっただけですが…

それもこれも実はaf impさんのおかげ。
去年末に応募したモニターキャンペーンに当選し、
見事、装着の運びとなりました。多謝!

取り付け自体は非常にあっさり。
まずは外観。
PD01

そして、取り付け場所はもちろんここ。
エンジンのスパークプラグをマウントするイグニッションコイルです。
PD02
取り付けするとこんな感じ。
このアルマイト調の赤が好きです。アイバッハの車高調も同じ系統の色。
しかしながら、両パーツとも、普段は完全に隠れて見えません…
PD03

そして、カバーを元に戻して終了。

で、効果の程ですが…
実のところ、まだよくわかりません…

Dモードで走っていると、どうもレスポンスが早い気がします。
というのも、3k回転あたりでシフトアップを繰り返すため、
一番パワーがぐいぐい伸びる領域を使い切らず、
上のギアのもっさり領域に戻るのですが、
その時、以前よりもススッと伸びて行く気がします。
逆にSモードで走っていると、3k台のおいしいレンジをフルに使うため、
むしろそちらのパワーが目立ってしまい、
プラズマダイレクト故、というのが見えにくくなってしまいます…

本当はこちらもレスポンスアップしているのかもしれませんが、
なにしろECUチューンの方が効果がでかく、
あまりきちんとプラズマダイレクト効果を認識出来ていない、
という気がしています。

まだもうしばらくは確かめるようなアクセルワークを心がけて、
ちゃんとモニターしたいと思います。


お届け物

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

届きました!
取付は今週末。楽しみだ…
PD


スタコン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Image150.jpg

撮影会中です。


Audi TT RS

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

元々、今日、SSDに換えたMacを自慢披露しにディーラーへ、
と思っていたところ、メンテナンスキャンペーンのお知らせやらいろいろ来て、
いつ行くのがいいのかよくわからなくなっていたところで、
TT RSに試乗出来ることになり、行ってきました。

早速、写真を撮りまくり。
鮮やかなミサノレッドのRSでした。このバンパーが大きな特徴ですね。
ttrs06

ttrs09

続いてグリル。
もう既に定番のカスタマイズの仲間入りをしている気もしますが…
もちろんツヤありでハニカム。縁はマットシルバーでした。
ものすごく吸気効率がよさそう…
ttrs07

バンパーサイドはこんな感じ。このうねってる感じがすごく好きです。
このバンパー欲しいなぁ…
ttrs08

続いてタイヤ&ホイール。
デフォルトでこんな凝ったホイールついちゃうと、取り替えなくても十分です。
後ろにはRS専用キャリパー&ベルハットのかっこいいローター。
これまたよく効いてました。
そういえばナットカバー、なかなか統一されないんですね。
全部被ったカバーで統一されるのかと思ったのに…
ttrs04

そして、ミラーカバー。
ちゃんと見てみるとTTSともずいぶん違います。
落ち着いたシルクなマットって感じ。
ttrs05

今度はリアからビッグスポイラー。
元々のオプション品をちゃんと見たことがないのですが、
これはこれで、かなり迫力ありました。
でも足までおんなじ色だとちょっとなぁ…
ttrs10

ttrs01

もう少し下に下がって、マフラーエンド。
楕円状のかなり大きめなパイプがbuilt-inされてます。
最近こういう埋込多い気がするなぁ。
ttrs03
もう少し引き気味で見るとこんな感じ。
ttrs02
全体的にはちゃんとTTなんだけど、
よくよく見てみるとかなり違うところが多く、
ものすごい迫力がありました。

そして恒例の試乗。
マニュアルも左ハンドルも久しぶりなら、
その組み合わせなんて初めてで、
エンストはなかったものの、かなりよちよち運転…

とはいえ、そんな状態でも、もう別格とわかるTT RS。
アイドリングから心地よい低音に包まれ、
一度踏んでいくと、ガンガンやる気のあるサウンドが響きます。
5気筒なんですが、感覚的にはV10のよう。
M5とかそういうのと似た雰囲気です。

もはやハンドリングは常用域で言うこと無し。
音から感じる車の重厚感とまるで正反対の軽さ。
とってもするすると走り出し、
少し回転上がるとどんどんトルクが出てきて、
急加速していきます。
そして、それを余すことなく伝えきっている感じ。

そこそこ空いていて割と振って遊べたハズなのですが、
まるでウォームアップな感じで、
底が全く見えませんでした。

というか、そもそも、左マニュアルに慣れない僕には、
それを感じるほどの運転技術がないわけですが…

なにしろとても楽しい車でした。
今までAudi車もいろいろ乗りましたけど、
一番元々の印象と違う車です。

TTの最上位と思っていると、もう全然ダメですね。
どちらかというと、ベビーR8と言った方が正しいです。
これはひょっとするとコストパフォーマンスいいんじゃないかな…
とはいえ、GT-R同様まるで手が出ませんが…

マニュアル&ビッグパワーでもっと車に遊ばれるかと思いきや、
それなりにちゃんと言うこと聞いてくれる日常性の高さと、
ちょっと遊ぶともうどっかんと引き出されるパワーの非日常。
これだけ隣接出来ている車は多くはないかも…


  • 慎悟@Twitter

    Follow @sh_yamada (723 followers)
  • カレンダー

    2010年2月
    « 1月   3月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Copyright © 1996-2010 S-log. All rights reserved.
    iDream theme by Templates Next | Powered by WordPress