このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

会社帰りの浅草線車中。
京急線直通でそれなりに混んでる社内。
ドアの脇の小太りなおっさん。
おでんを食べていた。
通勤電車で汁モノ食べてんの初めて見た。
ずずーっと汁を吸いきって、次におにぎり食べてた。
そしてフィニッシュはコンビニの鳥の唐揚げ。
これはもうゆとりとかそういう次元じゃない。
もっと恐ろしいモノの片鱗を(ry
やっぱり若者がどうのとかそういうんじゃなくって、
どんな世代もどんなヒトもどうかしてるかもしれない。
面倒で注意する気も起きない僕を含め。
僕の注意した方がよかろうか、と悩むその『常識』の尺度含め。
家に帰ってきてテレビをチラ見していたら、
社長か誰かが誘拐されてほげ、というニュース。
そこで思ったことはお札にRFIDをインプラントできないか、ということ。
そうしたら盗まれたお札もそのIDですぐわかるし、
レジでもなんでもそのリーダを通すようにすれば、
偽札だってなんだって判別できちゃう。
まぁ、それが偽物かもう1枚もしくはn枚が偽物かは難しいけど。
お札って世の中にどのくらいあるのだろう。
お札にふる一意のIDって何bitくらいあればいいだろう。
引き続きニュースで二酸化炭素がほげ、と。
大昔の地球、石油や石炭ができるモトの動植物が、
自由気ままに闊歩してたころ。
地球の二酸化炭素って多かったのかな。
だって今、そういうの燃やして二酸化炭素増やしてるんだから、
それらができる前、つまり閉じこめる前、
地球はめちゃめちゃ二酸化炭素だらけだったのでは。
そんな今日一日。
今ずっこけたら1K万円ほどパーだな、と思っていたら、
本当に階段で躓いてナイスキャッチに救われたのは内緒。